本・雑誌の断捨離のコツ

本や雑誌も、捨てにくいものの代表格ですね。

いつかまた読むかもしれない、役に立つかもしれないという思いから、本棚がどんどん一杯になっていきます。

最も現実的な片づけ方は、本棚に入る量を上限と決めてしまうことです。

そうすると、本当に自分に必要な本を選び出しやすくなります。

いつか必要になるかもしれないから、不安で捨てられない。

スポンサーリンク

とくに仕事に関する情報が書かれていると、そう感じるかもしれません。

このようなものは、タイトル、著者名、出版社をメモしておけば大丈夫。

今はネットでの検索が簡単なので、面倒ならタイトルだけのメモでも大丈夫でしょう。

さらに簡単にするなら、デジカメやケータイで本の表紙を撮影してもOK。

エバーノートというソフトなら、写真にメモを添えて管理することができます。

雑誌などは切り抜いてしまうのも、収納スペースを小さくする方法の一つ。

しかし、「いつか切り抜こう」と積み重ねた雑誌が、いつまでもそのまま…という状態も良く起こりがちです。

切り抜くのであれば、すぐに行動するのがポイント。

何でもかんでも切り抜くのはNGです。

本当に必要なものだけを厳選してください。

ため込みすぎず、厳選することが、必要な情報の活用度を上げることにつながるかもしれませんよ。

関連記事(一部広告含む):