CDの断捨離のコツ

好きだからこそ、断捨離にも悩むCD。

最近はパソコンやポータブルプレーヤーが普及したので、それをフル活用しましょう。
CDの整理は、大きく3つに分けて考えます。

まず、今は聞いていなくても思い入れが強くて処分したくないもの。

このような「モノ」そのものに存在価値があるCDは、思い出の品として保管します。

スポンサーリンク

ただし、数は厳選するようにしてください。

つぎに、曲が聞ければCD自体はなくても構わないものは、どんどんパソコンに取り込んでしまいましょう。

ディスクは中古販売店に売ったり、フリーマーケットやオークションに出せば、必要な人にまた活用してもらうことができます。

捨てるのではないので、罪悪感を持つことなく、手放すことができますね。

3つめは「聞かないのに持っているCD」です。

これはPCへの保存をせずに処分しましょう。

パソコンに取り込む曲も、多すぎると収拾がつかなくなってしまいます。

いくらでも取り込めるから…と聞かないものまで保管するのは避けましょう。

1枚のアルバムの中で、聞くのは数曲だけという場合は、その曲だけを取り込みます。

「入れておけばいつか聞くかも…」と思っても、その機会は来ない場合がほとんどです。

本当に好きな曲だけが身近にある状態は心地いいものですよ。

関連記事(一部広告含む):