洋服の断捨離のコツ

洋服の断捨離ではまず、明らかに傷んでしまった衣類を処分するところから始めます。

下着など、外から見えないものも例外ではありません。

見えないからといって、いつまでも古いものを使っていると、自分のエネルギーが下がってしまいます。

部屋着ならまだ使えると、古い洋服をとっておくのも要注意。

本当にお気に入りのもので、部屋着に適した素材であれば、再利用も良いかもしれません。

スポンサーリンク

しかし、「部屋着」を捨てるのを避けるための逃げ道にしてはダメですよ。

洋服の断捨離で陥りがちなのが、「とっておけばいつか着るかも」

このような服を再び着る機会はとても少ないものです。

現在着ていないということは、何らかの問題があるからでしょう。

その問題は何か、それは解消されるのかを考えれば必要かどうかの答えは見えてくるはずです。

そのように考えると、着心地の悪い服は必要ないことが分かりますね。

手放すのが難しいのが、体型に合わなくなった服。

ダイエットをすれば着られる!と考えると、なかなか捨てられません。

その服が、本当に着たいなら、取っておいてダイエットするのもいいでしょう。

しかし、だた「もったいない」「なんか悔しい」という理由であれば、それは断捨離の対象ですよ。

関連記事(一部広告含む):