書類の断捨離のコツ

気がつくと増えている書類。

増えすぎて、どこに何があるのか分からなくなってはいませんか?

これは、仕事を持っている人に限ったことではありません。

子供が学校から持ち帰るさまざまなお知らせや、町内会の資料、学生であれば教材のプリントやテストなど、身近な書類はたくさんありますよね。

これらがたまっていく最大の原因は、「捨てた後に必要になったらどうしよう」という恐れではないでしょうか。

スポンサーリンク

そのような時には、今までに同じような書類が、後から必要になったことがあるかを考えてみます。

多くの場合、前例に従えば問題はないはずです。

また書類を処分しても、ほかに情報を調べる方法がある場合にも、保管の必要はありません。

現在はほとんどの書類がパソコンで作成されるので、データのあるものは、紙の書類を処分してもあまり問題はないでしょう。

保管しておく期間を決めてしまうのも一つの方法です。

内容を見て断捨離する必要がないので、時間がかからず気楽に取り組むことができます。

情報は、やみくもに取っておいて上手に活用することができません。

無駄なものまで保管していると、必要なものをすぐに取り出すことができませんよね。

必要な情報だけを、必要な時に使える状態で保管することが大切ですよ。

関連記事(一部広告含む):