紙袋の断捨離のコツ

「何かに使える」そう思って保管しておくと、使う以上にたまってしまう紙袋。

しかし、すべて処分してしまうと、必要な時に困るのも事実です。

まずは、実用性が明らかに低いものを、より分けていきましょう。

破けているものや汚れているもの、強度の低いものは使えない「ゴミ」ですので処分します。

残ったもの中から、捨てるものと、とっておくものを分類していきます。

スポンサーリンク

具体的に、どんな時にこれらの袋を使うのかをイメージすれば、わかりやすいでしょう。

大き目の袋をよく使う人、小さなサイズの袋を重宝している人など、それぞれのパターンがあると思います。

自分が使う機会あるものを、必要な量だけ残しましょう。

新聞屋さんがサービスで配ってくれる回収用紙袋も、時々処分が必要。

これは多くの場合、使う数よりもらう数の方が多いのです。

そのため、いつの間にか回収袋がクローゼットや納戸の隅にたまってしまいます。

そしてこの袋は、新聞を入れる以外の使い道があまりないですよね。

「捨ててしまって足りなくなったら困る」と思って捨てられない人もいるかもしれません。

しかし、もし袋が足りなければ、新聞を直接ヒモで縛って回収に出せばいいだけの話。

執着するようなものではありません。

このような小さな断捨離の積み重ねが、気持ちの良い住まいをつくりますよ。

関連記事(一部広告含む):