手芸用品の断捨離のコツ

手芸好きの断捨離で、ネックになるのは手芸用品や材料の扱いでしょう。

小さな端切れやリボンの切れ端であっても、小物づくりには使うことができます。

だからこそ、上手に素材を活用できる人ほど、断捨離が難しくなるかもしれません。

最近どの材料を使ったかを、具体的に考えることからスタートしてみましょう。

使う機会の少ないものを処分することで、必要な材料を選びやすくなるはずです。

スポンサーリンク

手芸道具についても、本当に必要か、必要以上の数を持っていないかを確認する必要があります。

とくに、針や糸などは、実際に使う以上の数が集まってしまうことがよくありますね。

まずは、全てを収納場所から出し、それぞれの道具の数量を点検してみましょう。

同じものがいくつもあれば、それは断捨離の対象。

また、長い間使っていない道具も、本当に必要なのか見直してみましょう。

「編み物をしよう!」と決心して道具を買い揃えたけれど、結局面倒でやっていないというケースも多いかもしれません。

「道具を買ってしまったのだから、使わないともったいない」という考えで捨てられずにいるのなら、本当に作りたいのかを改めて考えてみましょう。

もし、すでにそれを作ることに興味かなくなっていれば、処分してしまっても構いません。

過去への執着からの断捨離は、気持ちがとても楽になりますよ。

関連記事(一部広告含む):