写真の断捨離のコツ

捨てにくいものの代表、写真。

写真の整理はまず、処分しやすいものからスタートしましょう。

ピントのぼけた写真や、ブレた写真、間違ってシャッターを切ってしまった写真などは明らかな失敗。

そういったものを外していくだけでも、ずいぶん数が絞られるはずです。

次に、同じような写真が何枚もあるものは、どれか1枚を選んでいきます。

スポンサーリンク

これで、かなり写真の数は少なくなりました。

この中から、残しておく価値のあるものと、そうでないものを選別します。

思い出の全てを、写真に残しておく必要はありません。

選び抜いた何枚かの写真があれば、その思い出は写真をきっかけによみがえってくるはずです。

だから勇気を持って、断捨離してみてください。

断捨離が必要なのは、デジカメでも同様です。

たくさん保存しても場所を取らないため、ついついため込んでしまうデジタルデータ。

大量に保存していると、必要な写真を探すのに時間がかかります。

そして、デジタルデータであっても、保存できる量は有限です。

容量一杯になってから整理するのでは、量が膨大で大変ですよね。

整理が面倒だからと容量を増やしてしまっては、ますます整理ができなくなります。

小まめに断捨離をする習慣が大切ですよ。

関連記事(一部広告含む):