ものを「断つ」ためのコツ

断捨離を実行した後は、これ以上ものが増えないように注意することも大切です。

苦労して実行した断捨離の効果を無駄にしないためには、新しいものを買う時に立ち止まって考える習慣が必要です。

断捨離をしてみて、身の回りに「ムダ」なものが多いことを実感したのではないでしょうか。

今まで「ないと困る」と思い込んでいたものも、実は不要だったのかもしれません。

この機会に、本当に必要なものは何かということを、改めて考えてみるといいですね。

スポンサーリンク

また、ものを買う時は、まとめ買いをしないことが重要になります。

まとめ買いは、必要以上に買ってしまいがちだからです。

いつでも簡単に買い物ができる環境が整っている現代社会では、ほとんどの場合、必要になった時に買い物をすれば間に合います。

新しいものを買うのではなく、今持っているもので間に合わせる工夫をすることも大事。

発想を変えるだけで、多くのものを買わずに済ませることができます。

これは、日本で昔から美徳とされている「足るを知る」という考え方にもつながります。

何でもかんでも買い揃えるのではなく、手元にある本当にお気に入りのものを上手に活用する生活こそ、本当の意味での「豊かな暮らし」なのかもしれませんね。

関連記事(一部広告含む):