理想的な整理整頓の方法

物が多い人の特徴は、物が増えたなぁと思ったら、捨てるという選択肢ではなく、「新たに増えたものを収納できる場所を確保しなくては!」という思考になります。

私も以前は物が増える度に、新しい収納を買い足していました。

その結果・・物と共に収納も増えていて、どんどん部屋が手狭になっていました。

収納を新しく購入して、細かいものをすっきり整頓させるのはとても良いことですが、それ以上に大切なのは、「新しい収納を買わないですむようにする」ということです。

スポンサーリンク

つまり、必要最低限の収納に収まる物だけ所有するということです。

物が収納棚や引き出しに入らなくなった時点で、どこかにムダが発生しているということですので、引き出しや棚の中身を見直し、不要なものを処分しましょう。

前にも述べましたが、新しい収納を購入したり、作ったりしては絶対にいけないということではありません。

収納を活用して整理整頓して、物がどこにあるか分かりやすくすることは、とても大事なことです。

むしろお勧めします。

ですが、収納が増えるということは、「処分」という行為を行わずに、不要物を家に溜め込むということでもある、ということを覚えておいてほしいのです。

理想的な整理整頓の方法は、不要なものを処分しながら、収納ボックスなどを活用して収納するということですね。

関連記事(一部広告含む):