毎日買い物をしない!を習慣に

可愛い物、便利な物、美味しい物など、日本はいろいろな物があふれている国です。

また、夜遅くまでいろいろなお店がやっていますよね。

お店が遅くまで開いているから、つい学校や会社帰りに寄り道を・・・なんてことをしている人は、一度その習慣を見直してみましょう。

物を買うという行為は、小額でも毎日行っているとかなりの額になります。

150円のペットボトル1本を例にとって見ても、毎日買うと150円×30日で、4500円にもなります。

こうした事の積み重ねで、ATMでお金をおろしても、知らず知らずのうちにお財布の中が軽くなっていくという現象が起こるのです。

スポンサーリンク

簡単節約術!口コミ倶楽部

普段、いかに自分が無意識のうちに無駄なものを、知らず知らず買っているのかを再考察するために、「買い物をしない日」を決めてみましょう。

期間は1週間単位で行うことが理想的ですが・・慣れるまでは、自分のやりやすいように、短めに設定してもよいと思います。

買い物をしない日は、自宅から飲み物やお弁当を持参するのはもちろん、冷蔵庫や食納庫にストックしてある食材などを使って料理をしたりします。

こうすることによって、ストックしていても、実際は中々使う機会がなかった物を使うことが出来ます。

古いストックを消費して、家の中から在庫というムダを一掃しましょう。

また、ムダ買いをなくすことにより、節約効果も絶大ですよ!

関連記事(一部広告含む):