CDやDVDもスッキリ断捨離

一昔は、かさばるビデオ、カセットテープでしたが、CDやDVDに変わってから場所をとらなくなった!と喜んだ方も多いはず。

でも、いくら一枚一枚が薄いディスクでも何十枚、何百枚となるとスペースの確保がとても難しくなるのは同じです。

CDはデータをデジタル化して保存し、DVDもあまり見ないものはリサイクルショップに持っていくなどして処分することをお勧めします。

録画してとってあるDVDも見返さない場合などは、取っておかずに、上書きをして活用しましょう。

新しく音楽や映画などを購入するときも、ディスクではなく、iTunesなどのウェブストアを通して「音楽や動画データの購入」をすると、ディスクの増大を防ぐことができます。

スポンサーリンク

店頭でCDやDVDを購入するよりも安いので節約になりますし、音楽なんかは自分の好きな曲だけアルバムからピックアップして購入ということもできます。

また、iTuneなどは、クラウド・コンピューティングシステムを利用することで、一度購入ダウンロードしたものは別の端末からアクセスしても利用可能になったり、自動でバックアップしてくれるため、データの消失の心配もなく、おすすめです。

本を購入せずに図書館で借りるのと同様に、レンタルビデオ屋や図書館を活用して、音楽CDやDVDを借りるのもまた1つの手だと思います。

関連記事(一部広告含む):