文房具を整理してムダを防ぐ

文房具はどなたでも、ドッサリと持っているのではないでしょうか。

私の勉強机の中にも、スティックノリが4本、ハサミが3本、ホッチキスが2本など複数個も必要ないものが出てくるわ出てくるわ・・ペン、カラーペン、シャープペンシルなどにいたっては30本以上も!

これは整理整頓ができていないために、どの文房具がどれだけあるのかが把握できていない証拠。

また買い足しをして、不要な文具が引き出しいっぱいにあふれ、いくつものお菓子の空き缶にもぎっしりペンが入っているという事態に陥るのです。

特に今は100円ショップなど、気軽に文具を購入することができるので、「今日使いたいけど、なかったら困るから・・100円だし買っちゃおう!」という気持ちになってしまいがちですよね。

スポンサーリンク

これではいけません!

もし、在庫をきちんと把握していれば、ムダ買いを防ぐことができます。

文具は、ボールペン、シャープペン、鉛筆、サインペンなど、まずは分類をします。

そして、古くてインクがかすれたものや出ないもの、壊れているものなどを処分し、それぞれ2~5本程度を残しましょう。

ホチキスやハサミ、ノリにいたっては1つで十分だと思います。

机の中や上がスッキリしていると、思った以上に仕事もはかどりますよ!

関連記事(一部広告含む):