クローゼットの中の断捨離のコツ

クローゼットの中にたくさん洋服があるのに、毎シーズン、ついつい買ってしまっていませんか?

クローゼットの中が満杯で収まりきれなくなると、洋服を置くスペースがなく、外に置いたままになって、部屋が散らかるという事態がおきます。

多くの人は、1つのタンスが満杯になったら、新しい収納を買おうとします。

ですが、これを続けると、タンスだらけの部屋になり、結果、部屋の使えるスペースが限られてきてしまいます。

ですので、洋服はかならず自分の持っているクローゼットに収まるだけの量を持つよう心がけましょう。

スポンサーリンク

収まりきれなくなった場合、新しい服の購入をやめるか、長い間、着ていない洋服をリサイクル、または処分しなくてはいけないタイミングです。

処分候補になるのは、色、デザインが同じようなもの、何十年も着尽くして、襟や袖が擦り切れていたり、毛玉が出来ているもの、型が古くなっったもの(肩パッド入りのものや、ダブルのスーツなど)です。

ハイブランドで高かったから捨てられない!と思ってもタンスの肥やしになっているなら、潔くリサイクルなどに早く出してしまいましょう。

流行はまた戻ってくると言われていますが、それでもやはり昔のデザインや色彩などが若干違いますので、新しいものを改めて買いなおした方がよいかと思います。

関連記事(一部広告含む):