化粧品の断捨離のコツ

毎シーズン毎に発売される化粧品。

新しいものが出るとついつい買ってしまうのが乙女心というものです。

ですが、あなたの化粧ポーチやメイクボックスの中はきれいに整理されていますか?

化粧品には使用期限もありますし、流行の色や質感というのも毎シーズン微妙にですが変化しています。

折角買った化粧品をムダにしないためにも、すぐに使い切ることをお勧めしますが、でも化粧品は毎日使っていても毎シーズンで使いきれる量ではありません。

スポンサーリンク

使い切れないで、中途半端にどんどん増えてきてしまうと思います。

もったいないから・・と取っておくのはNG。

というのも、食品などと同じように、化粧品にも「消費期限」というものが存在するからです。

期限を過ぎた化粧品を使用すると、肌にもよくありませんので、今一度化粧ポーチの中を確認して古いものは処分しましょう。

薬事法で品質保持期間が3年以下の場合は使用期限を明記しなければいけないと決められています。

つまり、品質保持期間(消費期限ともよばれる)がパッケージに明記されている場合、これに当てはまります。

逆に、パッケージに期限が表記されていないものの期限は「3年」ということになります。

ですが、これは「未開封の状態で、低温の状態で保存されていた場合」になります。

開封されているものは皮脂と混ざることで酸化してしまったり、蒸発してしまったりすることで、この消費期限が大幅に縮まります。

食品と同じように化粧品の期限にも気をつけ、劣化したら潔く捨てる!ということを習慣付けましょう。

関連記事(一部広告含む):