家電処分は民間と行政を較べて

少し話は逸れますが、不要なゴミ処分で頭を悩ませるのが家庭用ゴミでは出せない粗大ゴミ。

電化製品や趣味のアウトドア用品、スポーツ用品など部屋を片付けたい時にどうしても目に余る不要品を処分したいけれど、いつ、どこに出せばいいのか分からない、調べるのが面倒だ、という難点があります。

でも、この粗大ゴミはいつか出さなければいけないものだし、一度出せば手順も分かって捨てやすくなります。

面倒なことはまず、最初に。

スペース確保のためにも大きなモノから捨てましょう。

回収業者は地方自治体の指定業者と廃品回収する民間業者があります。

スポンサーリンク

それぞれにメリット、デメリットがあるので状況や予算に合わせて選択してください。

指定業者の場合は処分品一品当たりの引き取り額が安いことがメリット。

デメリットは処分品の仕分けが面倒な上、引き取り日が限定されること。

引取りが不可能な処分品があることです。

これに対し、民間業者は引火などの危険性が高いものや著しい異臭があるものを除いてほとんどの処分品を引き取ってくれます。

大きなものなら解体もしてくれるし、指定業者のように決められた場所に運ぶ必要はありません。

マンション上階にいて電気洗濯機を所定の場所に下ろすという必要もなく部屋まで引取りに来てくれます。

もちろん、客側からの時間指定も可能。

デメリットはその分、引取り価格が高くなることですね。

ただ、リサイクル家電に関しては民間業者の方が安い場合もあります。

大きな処分品は指定業者、民間業者に引取り価格を確認してから決めましょう。

関連記事(一部広告含む):