紙ベースはデジタル化で保存

思い入れのあるもの、という意味では紙ベースの方が大きいかもしれません。

古い雑誌や新聞、名刺や手紙、はがきやプリント写真にいたるまで捨てられないものばかりでしょう。

雑誌や新聞は、いつか必要な部分をスクラップしようとして取っておいたまま、紙質が劣化しているものまであるのでは?

紙は少量ならば邪魔と感じないかもしれませんが、大量になると重いばかりでなく、埃の原因となって衛生的にもよくありません。

紙類は早めに処分してしまいましょう。

必要な部分を切り取ってスクラップしても構いませんが、今度はスクラップが増えて整理の元になる可能性がありますね。

PCを持っているならデジタル化をオススメします。

スポンサーリンク

もっとも効率がいいのはスキャナーを用意すること。雑誌のカラーやモノクロページ、プリント写真などをデジタル化して保存することができます。

デジタル化のいいところはカテゴリー分けが容易になること。

せっかくデジタル化した情報です。

ただ保存するだけでなくカテゴリーに分けて活用しやすいように工夫しましょう。

年月や種類のフォルダを作成するだけでも、欲しい情報を引き出す時に役立ちます。

プリント写真はスキャニングした後で、写真ソフトを使って加工するのも楽しみ方のひとつですね。

関連記事(一部広告含む):