丈と方向を揃えるだけでスペース確保

クローゼット内は少しの工夫でスペースを作ることができます。

それは服の丈、向きを揃えること。

丈を短い順から並べるだけで、短い丈の下にスペースが生まれます。

また洋服の向きを揃えると洋服がより多くクローゼットに収納できるのです。

コート類は重いのでどうしてもしっかりしたハンガーを使うことになりますが、型崩れしないためのハンガーは前後幅があるので、これを向かい合わせで使うと空間にムダが生じます。

食器を重ねずに合わせて置くようなものですね。

向きを統一することで多くの洋服を収納すると同時に、見た目の良さ、取り出しやすさも兼ねることができるので、必ず洋服の向きは揃えるように。

スポンサーリンク

それから片付けが下手な人の特徴として、毎日の洗濯物をたたんだまま、積み重ねている人も多く見受けます。

部屋が汚れていれば当然、ホコリもかぶりますね。

これではなんのために洗濯したのか分からなくなりますし、部屋のデザインにもそぐわない光景です。

せっかくクローゼットを整理して丈の短い服の下にスペースが空いたので、これを使いましょう。

収納ボックスで構いませんが、たたんだまま収納すると上から順に着ることになります。

折り目をつける必要のない下着類は棒状に丸めて収納していけば量も入るし、好みの下着を取り出すことができますね。

もちろん下着類や靴下も、洗濯前に仕分けを。

関連記事(一部広告含む):