部屋に入ることが楽しいデザインを

部屋が汚れてしまうことにはいろいろな要因があると書きましたが、そのなかには分離的不安など心理的要素も含まれています。

けれど、そのような心理的要素は誰でも持っているもの。

逆に、ソファに座ることさえ躊躇いを覚えるような整頓された部屋にも強迫性障害など心理的要素があるのです。

すっきり、という言葉はとても曖昧で、個人差があるのは当たり前。

たかが部屋が汚れて片付いていないという程度で人格や人生を考えることは止しましょう。

むしろ快適な空間を作るためには、どのようなデザインをすればいいかというポジティブな考え方を部屋に向けることが大切。

スポンサーリンク

動線から行動機能、照明や色調、考えだすと際限がありませんね。

ものは処分するより再利用した方が時代に即していますし、再利用によって新しい発見があるかもしれません。

これらを組み合わせて自分好みにするデザインの難しさを楽しんでください。

デザインは完成することがありませんが、散らかす人はどこかの段階で必ず散らかしてしまいます。

そうなったら、また整理すればいいだけのこと。

デザインを途中まで作り上げて、気に入らなければ再レイアウトすればいいだけのことです。

最終的には、部屋に入ることが楽しければいいのですから。

関連記事(一部広告含む):