時間で見る男女の掃除の差

きちんと掃除できている人に男も女もなく、掃除をきちんとする人は掃除の習慣性を身につけている人です。

とはいえ、この習慣性辺りから、じつは男女の違いが微妙に出てくるんですね。

あるアンケート調査の結果を抜粋すると、女性で掃除をする人は1週間のうち、毎日という人が45%、1日おきという人が23%もいることに対して、男性は1週間のうちに2回という人が32%、1回という人が22%となっています。

同じアンケートからの抜粋を見ると、より男女の差が見えてきます。

掃除1回にかける時間は女性の場合、30分未満が30.4%、30~60分が28.5%となっていますが、男性は30分未満が24.6%と少なく、逆に30~60分は28.3%、なかには60~120分という男性もいます。

スポンサーリンク

女性は毎日少しずつ掃除をすることに対して、男性は時間をかけて集中的に行う傾向が、このデータから分かります。

掃除ができない男女の人、このデータを参考にしてみてはいかがでしょう。

女性の方は毎日、少しずつでいいから、とにかく掃除を習慣化させること、男性は毎日でなくてもいいので、やる時は時間をかけ、計画化して取り組むようにすれば、性別に合った掃除に向かう姿勢を作ることができるはずです。

掃除の苦手な人は、まず掃除に取り組む姿勢から始めてみませんか?

関連記事(一部広告含む):