男性的掃除方法の特徴と欠点

女性的視点で男性の掃除を見ていると、とても面白いところに気がつきます。

とくに妻が夫へ掃除を依頼した時とか、如実に分かります。

たとえば電子オーブンレンジを掃除して、というと、何時間かけてもそればっかり掃除しているのです。

それこそ、オーブン内にこびりついた焦げ跡を新品同様までピカピカに磨かないと気が済まないかのように、延々と掃除を続けます。

それはそれで結構なことなのですが、掃除が終わった後にキッチンを見ると、電子オーブンレンジだけがピカピカに光り、他の調理器具とのバランスが取れない結果になってしまいます。

これが男性的掃除の仕方の特徴であり、欠点でもあります。

スポンサーリンク

時間をかけて一極集中で掃除をしてしまう。

部屋の全体バランスを考えない。

一緒に暮らしている妻としてみれば、甚だ迷惑な掃除の仕方ですが、あまり責めないでください。

じつは一極集中の掃除方法、掃除が終わった後の達成感がすごく大きいのです。

ピカピカになった電子オーブンレンジを見て、腰に手を当てて胸を張り、顔をにんまりとさせているのが、男というものなのです。

男性的な掃除というのも、こうやって眺めてみると、案外悪くないものね、なんて思ってくれると、男としても大変、ありがたいのですが。

関連記事(一部広告含む):