メラミンスポンジは使う場所に注意

メラミンスポンジで網戸を掃除すれば、苦手と言われている網戸も簡単に掃除ができます。

このメラミンスポンジ、すでに家の中のあらゆる掃除に使っている人も多いと思いますが、使う場所によっては掃除するつもりが逆にキズつけることにもなるので、使う場所には十分、気をつけてください。

メラミンスポンジはメラミン樹脂を原料としており、メラミンとホルムアルデヒドの剛性によって作られます。

メラミン樹脂は発泡性に優れているので細かな泡状にして固めたのがメラミンスポンジですね。

つまり細かな泡の樹脂が汚れをかき出すようにして付着させるので、表面が真っ黒になるわけです。

言ってみれば一種の研磨剤。

スポンサーリンク

したがって表面がゴツゴツしたタイルなどを掃除しても表面がボロボロと剥がれてタイルはきれいになりませんし、逆に樹脂やコーティングしてあるもの(車の外装など)に使用すると汚れを落とすだけでなく表面をキズつけることになります。

メラニンスポンジが効果を発揮するのは浴室のタイルや鏡、それから茶碗の渋などは面白いように取れます。

もちろん人間の皮膚には厳禁。

なにしろ紙ヤスリで肌を擦るようなものですから、たとえイタズラで顔にマジックで落書きしてもメラニンスポンジで取ることだけは止めましょうね。

関連記事(一部広告含む):