電動ポリッシャーを使ってワックスがけ

掃除に道具を使えば便利、手間が省けると同時に爽快感を味わえます。

たとえばフローリングやタイルのワックスがけ。

これは一極集中型掃除の典型ですね。

床面の掃除機がけ程度は苦になりませんが、その後、床に這いつくばって雑巾がけ、モップでワックスを塗り、さらに乾燥後にも艶出し作業と、一面のワックスがけをするだけで半日作業は必至。

とくにワックスがけと艶出し作業は腰が痛くなるほど辛くなります。

でもフローリングやタイルがピカピカになれば長持ちするだけでなく、見ているだけでウットリとした幸福感を与えてくれます。

そこで登場する道具が電動ポリッシャーです。

スポンサーリンク

コンビニの床掃除などで清掃員が使っているポリッシャー、見たことのある人も多いでしょう。

電動で床面に設置する部分のモップが回転しているやつですね。

それの小型版と思って間違いありません。

小型版の電動ポリッシャーは主に車のワックスがけとして販売されていますが、床面のワックスがけにも十分、使えるのです。

先端部分は取り替え自由なのでスポンジにして床面掃除、別のスポンジに切り替えてワックスがけ、最後はバフを取り付けて艶出しと、電動ポリッシャーがあるだけで、床面のワックスがけは劇的変化を遂げます。

関連記事(一部広告含む):