掃除で輝いた空間は幸福感を生み出す

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

掃除は道具を使うと格段に高効率化を図ることができます。

反面、その道具を使いこなせなければ高い買い物になってしまいますね。

道具を使ってみたいけれど、使いこなせるか不安、という人は、道具を一度、レンタルしてみるという方法があります。

たとえば電動ポリッシャーは2泊3日で1,500~2,000円程度、高圧洗浄機のエントリーモデルであれば同じ日数で3,000~4,000円程度、送料無料でレンタルすることが可能です。

道具を使うという方法は男性的と思われがちですが、実際は道具そのものも軽量化されており、操作方法もけっして難しくありません。

なにしろ、最近は男でも難しい建設機械を女性が堂々と運転している時代です。

スポンサーリンク

掃除の方法については冒頭で書いてあるように、基本的には男とか女とか、性別は関係ありません。

男でも女でも、掃除に役立つと思った方法はどんどん取り入れていけば、家の中も外もすっきりとキレイに片付きます。

要は掃除を楽しくすること。

一極集中型とルーティンワーク型を併用していけば、必ず掃除は習慣化され、気持ちのよい空間を作り出すことができます。

キレイに片付いた部屋、それは紛れもなく掃除した人が達成した空間です。

その空間があるだけで、人間、意外と幸福感を得られたりするものです。

関連記事(一部広告含む):


スポンサーリンク