モノの断捨離から見えてくる思考のクセ

断捨離したい考え方のクセは、人によって違うでしょう。

自分にとって、何が断捨離すべきものなのかを考えるうえで助けとなるのは、モノを断捨離したときの経験です。

断捨離したもの、つまり、それまでため込んでいたものにどのようなものが多かったかを思い返してみてください。

ものが「捨てられない」理由を、断捨離では次のように分類しています。

自分が捨てられずにいたものが、そのどれに当たるかを考えてみましょう。

スポンサーリンク

あまり気に入らないけど、安いから」という理由で買ったものを、使わずにため込んでいる人は、現在の環境に不満を抱いてはいませんか?

「本当の私は、こんな安物を使う人じゃない」という思いから安いものを使うことに抵抗を感じているのかもしれません。

そのような人は、本当に自分のイメージに合うものだけを身の回りに置くようにしてみましょう。

きっと、今よりも満足感のある毎日が送れるようになるのではないでしょうか。

また、安いものやあまり魅力的でないものを「どうせ私にはこの程度のものがお似合い」と考えて使っているのなら、自分自身に対するイメージをアップするように心がけてみると良いかもしれません。

自分の愛用品の質を上げるだけで、自分自身に対するイメージもずいぶんと変わるものですよ。

関連記事(一部広告含む):