「人の期待に応えなければならない」を断捨離!

親や上司、友人、配偶者…身の回りのさまざまな人と関わりながら私たちは生活しています。

そのなかで、周囲からの期待をプレッシャーに感じる時もあるのではないでしょうか。

そのような時に無理をしてでも相手の期待に応えようとしてはいませんか?

自分にとって大切な人の喜ぶ顔が見たいと必要以上に頑張ることは、自分自身を苦しめてしまいます。

誰かが言ったことは、必ずしも正しいとは限りません。

スポンサーリンク

期待されたからと言って全てその通りにするのではなく、自分が納得できる道を選ぶようにしましょう。

できないことは時には断ることも大切です。

期待に応えられそうにないときには思い切ってそれを伝えてみると、思いがけず相手も納得してくれるかもしれません。

また、人の期待に影響された自分の思い込みを手放すことも大切です。

たとえば、親から「結婚しなさい」といわれ続けている場合。

その言葉がいつの間にか「結婚しないと幸せになれない」という思い込みに変わっているかもしれません。

しかし、それはあくまでも人生の選択肢のひとつ。

なにが幸せなのかは、人によって違います。

最も大切なのは、自分が幸せだと感じられる人生。

親の意見はひとつの選択肢であると割り切って考えることで気持ちはずっと楽になるはずですよ。

関連記事(一部広告含む):