「失敗が怖い」を断捨離!

失敗が怖くてなかなか行動を起こせないという人もいるでしょう。

もちろん、行動を起こしたからといって、必ずしもうまくいくわけではありません。

でも、仮にうまくいかなくても、それは「経験」になります。

失敗を怖れて行動せずにいるよりはずっと、プラスになるのです。

だから、失敗を怖れる気持ちを断捨離して、思いきって行動を起こすことはとても大切なんですよ。

スポンサーリンク

自分の可能性を少しでも広げるために行動することは、自分に優しくすることでもあります。

もし失敗したら、再挑戦するもよし、別の目標を探すのもよし。

いくらでもその先はあるのです。

なかには、「絶対に失敗はしたくない!」だから失敗する少しでも可能性があることはしたくない!」という人もいるかもしれません。

でも、人は誰でも失敗をするものです。

失敗することはそれほど恥ずかしいことではないんですよ。

“絶対に失敗しない、完璧な人“を目指す必要はありません。

失敗をしたからといって、周りの人が皆、離れていくということはないはずです。

また、失敗をしたことのある人は、人の痛みが分かるようになります。

同じように失敗をした人の助けとなることもできますね。

失敗は、あくまでも経験のひとつ。

毛嫌いして、怖がるようなことではありませんよ。

関連記事(一部広告含む):