「嫌いな人にもついニコニコ」にサヨナラ!

いつもニコニコしている人は印象が良いですよね。

でも、無理をして嫌いな人に対してもニコニコしているのであれば、話は違います。

過剰に誰に対してもいい顔をしてしまう人は、他人の価値観を気にしすぎる傾向があるようです。

誰からも嫌われたくないから、嫌いな人にも好かれようとしてニコニコしてしまうのです。

しかし、冷静に考えるとちょっと不自然ですよね。

スポンサーリンク

自分は、その人のことが嫌いなのです。

それにもかかわらず、相手からは悪く思われたくないと考えているのです。

少し、自分勝手な感じがしませんか?

嫌いな人だからといって、けんか腰で接するのはもちろん問題です。

でも、無理をして好意的な態度をとる必要はないのです。

どうしても関わらなければならない人であれば、ニコニコするのではなくビジネスライクに。

距離を置ける人であれば、距離を置いて構いません。

無理に付き合い続けることは、むしろ相手にとっても迷惑かもしれません。

もし相手が、ニコニコ接するあなたに好感を持っていたとしたら、もし何かの拍子に本当は相手を嫌っていることが発覚した時に、相当なショックを受けるでしょう。

反対に、相手も自分を嫌いだとしたら、ニコニコ接してくることに戸惑いを感じているかもしれません。

いずれにしても、相手にとっても決して良いことではないのです。

関連記事(一部広告含む):