他人への期待を断捨離するとラクになる!

人間関係のなかで、思い通りにいかなことばかりだと感じることはありませんか?

「いつも人に裏切られる」

「みんな私のことを分かってくれない」

そのような不満でいっぱいの人は、「他人への期待」を手放すことを心がけてみましょう。

人は、そうそう思い通りに動いてはくれません。

自分のことを全て分かってくれる人というのもいないでしょう。

スポンサーリンク

それは、たとえ親友や恋人、家族であっても同じです。

そのことを受け入れ、他人に対して期待することをやめると、人間関係は楽になりますよ。

期待するのをやめると言っても、一人ぼっちになって人を信じないという意味ではありません。

人は期待通りに動いてくれないことを受け入れるからこそ、ちょっとした親切に感謝できるようになるのです。

それでもどうしても、人に対する期待をあきらめることができないという人は、自分自身をふり返ってみましょう。

自分は、他人のことをどのくらい理解しているでしょうか?

相手の望むことを的確に理解できるでしょうか?

他人の心を100%理解することはできませんよね?

それは、どんな人でも同じです。

だから、理解してもらおうとするのではなく、時には自分のことをしっかり伝える努力も必要かもしれませんね。

関連記事(一部広告含む):