収納にゆとりがあると、心にもゆとりができる

断捨離では、収納スペースにゆとりを残すことを大切にしています。

しかしそれに対して、不満を持つ人もいるようです。

そのような人の言い分はこうです。

「せっかく収納できるスペースがあるのに、詰め込まないのはもったいない!」

このようなタイプの人は、「収納術」を研究し、狭い空間にいかにたくさんのものを詰め込むかに熱心になります。

スポンサーリンク

しかしそれは、本当に「効率の良い」ことでしょうか?

目一杯まで詰め込んだ収納は、ぱっと見には美しいかもしれません。

うまく収納できた時の達成感もあるでしょう。

しかし、実際に使う時には不便を感じることが多いのではないでしょうか?

・奥に入っているものを取り出すのに、いちいち手前のものを出さないといけない。

・出し入れが面倒で、結局奥に入れたものは使わなくなってしまう。

このような状態になったら、「もの」を生かせていない、ということになってしまいますよね。

「ゆとり」をもって収納していれば、このような事態は起きません。

いつでも必要なものがさっと取り出せるのです。

断捨離で大切にしている「ゆとり」は、ものを取り出しやすくするという実用面だけでなく、こころのゆとりにもつながります。

「ゆとり」のある心地よさを経験すれば、もう「詰め込みたい!」とは思わなくなるはずですよ。

関連記事(一部広告含む):