断捨離をすると、今よりもっと「もの」を大切にできる

たくさんのものを捨てなくてはならない「断捨離」は、一見、ものを無駄にしているように見えるかもしれません。

しかし、実際はその逆なのです。

断捨離によって本当に自分が好きなもの、自分にとって必要なものだけを厳選すると、自然とそれらを大切にできるようになります。

断捨離の実践にあたって、「本当に自分に必要なものはなにか?」「どんなものが自分には似合うんだろう?」と言うことを徹底的に考え、その結果残ったものたちです。

大切にしないわけにはいきませんよね。

スポンサーリンク

また、そのような生活を始めると、自分自身の暮らしそのものを大切にできるようになります。

「どうせ、安物だから」

「適当に使って、ダメになったら捨てればいいや」

そのような気持ちで身の回りのものに接することは、毎日の自分自身の生活をぞんざいに扱うことでもあります。

そのような「どうでもいい」ものを処分して、身の回りが「大切なもの」だけになると、毎日の生活も大切に思えるようになってくるのです。

身の回りのものを大切にして、自分の暮らしを大切にする。

このことは、自分自身を大切にすることへと繋がっていきます。

「もの」から「こころ」へ効果が広がっていく断捨離は、単なる片付け術ではなく、生き方のメソッドでもあるんですね。

関連記事(一部広告含む):