離れる事で今までが全て水の泡?

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

人間は小さい頃からの固定概念から引き離されると、今までの努力や積み重ねてきたことが全て無駄になってしまうんではないかと急に不安になってしまいます。

それは、無意識の中で今までの経験や積み重ねた年月を自負している証拠なのかもしれませんね。

『時間の断捨離』でもこの「◯◯しなければならない」「みんなが◯◯だから」「今まで◯◯だから」いう固定概念から卒業し、そういった狭い考えから離れることが基本だとお話してきました。

自分の生活や毎日の自分が思うことを振り返った時に、立ち止まらずに「断捨離」が出来ていますか?

スポンサーリンク

ほとんど方が「そうは言っても、仕事もあるし・・・」「家事もあるし・・・」と断捨離出来ずに踏みとどまってはいないでしょうか?

それが、断捨離をした方が良い理由なのです。

ここまで読まれた方は何となく気づいておられるかもしれませんが、「時間の断捨離」と根本は「自分の意思意外のものに左右されない自分のための時間を持つ」ということなのです。

「仕事が・・・」

「家事が・・・」

「育児が・・・」

という言い訳になっている段階で、全てが受動型になっているのです。

だからと言って、仕事も家事も育児も放棄するわけにはいきません。

ですから、仕事や家事、育児も「しなければならない」から「したい」という能動型にシフトするのが離行の第一歩なのです。

考え方や思考や視点を変えるためにはまず、今までの認識や概念を一度取っ払ってしまいましょう。

皆さんが今までやってきた経験と知識が水の泡になるのではく、今からその経験と知識を自分の時間のために使うのです。

その経験と知識があるからこそ、正しい判断が出来るのですし、新しい自分に出逢うことができるのです。

関連記事(一部広告含む):


スポンサーリンク