生活習慣病は薬では治らない?

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

病院で生活習慣病の診断が下されると一瞬気持ちが落ち込みますが、周りで生活習慣病の患者数が多いことや、すぐに何かが起こるわけでは病気であることから何となく薬を飲み続けるだけの生活になりがちです。

そんな生活から早く脱出したいと思いつつも、食生活をどう改善していいかが分からず、結局は薬に頼っているという方が多いのではないでしょうか?

日本では西洋医学を元に診断され治療されるのが一般的であることをご存じの方も多いと思います。

しかし最近では、西洋医学と中国古来からの治療法である東洋医学を併用しながら治療することで効率良く、生活習慣病を改善することが出来ると取り入れている大学病院なども多くあります。

スポンサーリンク

私たちに馴染みのある西洋医学は薬によって症状を抑え、改善することが目的なのに対して、東洋医学は人間の体に備わっている自然治癒力を生かし、その体の根本的な原因を取り除き改善するのが目的ですので、西洋医学で使われる薬は使わず、生薬で作られた漢方薬を処方して改善する方法となります。

また、東洋医学にとって最も重要なのは、食事によって改善する「食養」という考え方が一番重要だと考えられています。

このことから分かるように、私たちが毎日行う食事は体の害を引き起こす原因にもなりますが、治療する目的にも使うことができるということなのです。

早速今日から生活習慣病改善のための食事による断捨離を始め、食事を何となくするのではなく、食べることは治療と意識してみると良いかもしれませんね。

◆生活習慣病改善のための断捨離1

薬漬けにする体を断ち、西洋医学の安全神話を捨ててみる。

自分の体が持つ自然治癒力を信じてみましょう!

関連記事(一部広告含む):


スポンサーリンク