女盛りの頂点を少しでもキープするために

一般的に、女性の体は20代後半で完成されるといいます。

10代後半は女性ホルモンの分泌が盛んで、まだまだ体型的にも不安定な時期、20代に入るとピークを迎え、それから30代前半まで安定期を迎えます。

この女性ホルモンの分泌が女性らしい体を作る源。

30歳の女性といえば、体の全体に柔らかいラインを作る絶頂期でもあります。

でも、少し気になることはありませんか?

10代や20代前半の時のように、少しぐらい体重が増えてもダイエットすれば簡単に体重が落ちたのに、最近は落ちにくくなっている、とか。

ヒップやバストのピークポイントがやや下がってきたり、見えにくい太ももの裏側や二の腕の内側がつまみやすくなっていたり。

スポンサーリンク

30歳でどれほど美しいプロポーションを手にしていても、そこが頂点。

10代や20代前半はプロポーションを作るために体が機能していましたが、30代からはその機能が衰え始め、40~45歳ぐらいから急激に変化します。

つまり30歳からプロポーションを維持するためには、それまで体が勝手に動いてくれていた機能を自分でコントロールしなければなりません。

40~45歳からの急激な体の変化はプロポーションだけでなく更年期障害という女性特有の弊害も招きます。

更年期障害を少しでも遅らせると同時に、いつまでも若々しいボディをキープするために、30歳になったら体型のコントロールを心がけましょう。

関連記事(一部広告含む):