早朝運動ダイエットで痩せる方法

朝早く起きて読書会やスキルアップのための勉強、趣味などに活用する「朝活」がブームになっていますが、ダイエットも早朝に行うと高い効果が期待できるそうです。

朝は体がエネルギーを消費しやすい状態にあるため、夜と同じ運動を行ってもより多くのカロリーを消費できると言われています。

朝に弱い人の中には、ボーっと目覚めて昼頃まで体にエンジンがかからない…という人も多いでしょう。

しかしそれでは、本来なら生活の中で消費できるエネルギーを十分に消費することができません。

スポンサーリンク

早朝に体を動かして効率よくエネルギーを消費して、代謝の上がった状態で1日をスタートすれば次第に痩せやすい体へと変わっていきます。

朝の運動で注意する点は、脱水と低血糖。

寝ている間に多くの汗をかき、起きた時には軽い脱水状態になっています。

また、何も食べずに体を動かすことは低血糖による目まいを起こす可能性があります。

そのため、起きたらまず水分を補給し、フルーツなどの軽い朝食を摂ってから運動をスタートしましょう。

また、ウオーキングやジョギングなどの運動に入る前には十分に準備体操を行い、運動後にはストレッチを行うことも大切です。

早朝に体を動かすことは気持ちがよく、元気に1日を過ごせるという心理的な効果も大きいのでおすすめですよ。

関連記事(一部広告含む):