朝食抜きダイエットで痩せる方法

「朝食をしっかり食べないと健康によくない」とよく言われますが、「朝食抜き」も一定のルールのもとにきちんと実践すれば立派なダイエットになります。

朝食抜きダイエットは、一種の「プチ断食」。

前日の夕食から昼食まで食事をとらずに過ごすことで消化器官を休め、体内の毒素を外に出しやすくする効果があります。

つまり、夜食を食べたり朝起きてお菓子をつまんだりするのでは効果がありません。

スポンサーリンク

夕食は早めに済ませ、その後は何も口にしないようにすることが原則です。

また、朝はフルーツや野菜を使ったフレッシュジュースや青汁、豆乳などを飲むようにします。

温かいものを飲みたい人は、味噌汁などもおすすめです。

それだけでは物足りない場合には、生野菜を少し食べるといいでしょう。

時間がない人やあまり空腹を感じない人は水だけでも構いません。

ただし、水分だけは十分に摂るように気を付けてください。

慣れてしまうと空腹もそれほど感じることがなく、朝食を食べた時よりも集中力が高まると感じる人もいるようです。

毎日実践するのが難しい場合には、週に数回でも効果が期待できるので、生活の中に気軽に取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事(一部広告含む):