食べる順番ダイエットで痩せる方法

「食べる順番ダイエット」は、その名の通り、食事をする時にそれぞれを食べる順番を工夫することで、物足りなさを感じることなくダイエットできるという方法です。

モデルの鯨井優さんが、夫のダイエットのために考案したというこの方法は、食事の時に食物繊維を多く含む食材から食べ始めることを提案しています。

野菜や海藻、きのこなどを最初にたっぷり食べたら、次に魚や肉、卵といったタンパク質の食材、そして最後に炭水化物を摂るようにします。

そのような順番で食べると、炭水化物を食べる頃にはかなり満腹感になっており、結果的に主食の量を減らすことができるというのが「食べる順番ダイエット」の仕組みなのです。

スポンサーリンク

なお、タンパク質の食材同士では「GI値」が低く血糖値の上がりにくいものを先に食べるというルールがあります。

食物繊維の多い食材をよく噛んで食べれば満足感が得られ、また、血糖値の急激な上昇を抑える効果もあります。

ダイエットで最も苦しいのは、本当はもっと食べたいのを我慢して食事の量を減らすこと。この方法なら我慢するのではなく、自然に満腹になって食べる量を抑えることができるので、長く続けることができそうですね。

関連記事(一部広告含む):