寒天ダイエットで痩せる方法

寒天は、テングサという海草を原料とする食材。

カロリーはほとんどなく、そのうえ食物繊維も豊富です。

食物繊維には便秘解消のほか、血糖値の上昇を穏やかにする効果もあるので、ダイエットには欠かせません。

豆乳ダイエットでは、食事の前や間食として寒天で作ったゼリーを食べ、その分食事の量を減らす方法がもっとも一般的です。

果物や野菜のジュース、黒砂糖のほか、牛乳に人工甘味料をプラスしたものなど、バリエーションは豊富。

スポンサーリンク

沸騰させたジュースなどに寒天を煮溶かしたあと、冷やし固めます。

低カロリーで満腹感を得ることができるので食欲と戦うことなく食事量を減らすことができるため、つい食べ過ぎてしまうという人にもおすすめですよ。

寒天は高い温度でも溶けにくいので、お弁当に入れることも可能。

いつでも気軽に食べることのできるというメリットがあります。

また、毎日の食事の中で無理なく寒天を取り入れていくことが、長く続けるためには大切でしょう。
おかゆや麺類に寒天を加えることで、トロッとしたボリュームのあるメニューになります。

ちなみに同じような食材であっても、ゼラチンにはカロリーがきちんとあるので注意してください。

関連記事(一部広告含む):