こんにゃくダイエットで痩せる方法

こんにゃくも寒天と同様、ほぼノンカロリーで食物繊維が豊富な食材。

便秘解消に加えて脂肪やコレステロールの吸収を押さえる効果もあり、さらに満腹感を感じることもできるので、ダイエットの強い味方です。

こんにゃくをダイエットに取り入れるもっとも手軽な方法は、食事の前にこんにゃくを食べる習慣をつけること。

湯がいたこんにゃくに味噌だれをかけた田楽や、糸こんにゃくを炒めたもの、夏であれば刺身こんにゃくを酢味噌でさっぱり食べるのもいいですね。

食事の30分くらい前にこんにゃくを食べておくと、適度に満腹感のある状態で食事をすることになるため、食べ過ぎを防ぐことができるのです。

スポンサーリンク

また、間食にこんにゃくを取り入れるのも有効な方法。

こんにゃくゼリーなどの市販品のほか、しらたきや玉こんにゃくを湯がいて臭みをとったものに黒蜜やきな粉、シロップなどをかけてもリーズナブルなおやつになります。

もちろん、普段の食事にこんにゃくを使ったメニューを多めに取り入れるだけでも効果はあります。

ただしこんにゃくは、食べ過ぎるとかえって便秘の原因になったり、腸閉塞を引き起こす場合もあるので要注意。

適量を賢く取り入れることが大切です。

関連記事(一部広告含む):