しょうが紅茶ダイエットで痩せる方法

しょうが紅茶ダイエットは、暖かい紅茶にすりおろしたしょうがを加えたものを飲む方法です。

ごぞんじのとおり、しょうがには体を温める効果があります。

これによって代謝が良くなることや、しょうがの利尿作用による水太りの解消などがダイエットに効果を発揮するといわれています。

また、しょうが紅茶を飲むと体温が上がり、それによって免疫力がアップする効果もあるそうですよ。

つまり、ダイエットだけでなく体全体の調子を整えてくれるのがしょうが紅茶なのです。

スポンサーリンク

しょうが紅茶の作り方は簡単。

カップ1杯の紅茶に、ティースプーン1~2杯のすりおろししょうがを入れるだけです。

そのままで飲みづらい場合には、黒砂糖やはちみつなどを加えてください。

1日に飲む量は2~6杯が目安となります。

食事の前にしょうが紅茶を飲む方法のほか、朝食をしょうが紅茶に置き換える方法も高い効果が期待できるでしょう。

また、しょうが紅茶に牛乳を加えると味がまろやかになります。

しょうがをおろすのが面倒という人は、チューブ入りのしょうがを使ってもOK。

さらに簡単に作りたい場合は、粉末のしょうが紅茶も市販されています。

これなら忙しい朝でも気軽に実践できそうですね。

関連記事(一部広告含む):