リバウンドを防ぐために

ダイエットの失敗としてよく起こりがちなのが、途中までは順調に進んでいたにもかかわらずある時点で継続することができなくなり、体重が元に戻ってしまう現象のこと。

リバウンドは無理なダイエットをしている場合にとくに起こりがちです。

食事量を極端に減らしたり、栄養が偏った状態が続いた結果ドカ食いに走ったり、基礎代謝が低下して痩せにくい体質になってしまうのです。

単品ダイエットなどはこのようなリバウンドが特に起こりやすいので、避けるようにしましょう。

また、ダイエットには体重の減少が止まる「停滞期」がつきものですが、その時にダイエットをやめてしまうこともリバウンドの原因となります。

スポンサーリンク

ダイエットの停滞期は、体重の減った状態に体が適応するための期間。

それまでよりも少ない消費カロリーで1日の生活を送れる体に変化しつつある状態です。

このときにダイエットを中止してしまうと、少し食べ過ぎただけで体重が増えてしまうことになるのです。

つまり、リバウンド防止のためには、きちんと必要な栄養を確保できる方法でダイエットをすることと、停滞期になってもあきらめずに続けることが大切になります。

無理のない方法で根気強く続けることが、やはりダイエットの王道なのですね。

関連記事(一部広告含む):