体重体組成計はダイエットの必須アイテム

最近の体重体組成計、すごいです。

体重体組成計で何が分かるのかというと、体重はもちろんのこと、体脂肪率、内蔵脂肪レベル、皮下脂肪率、基礎代謝、骨格筋率、BMI、体年齢まで表記されます。

つまり全体的な痩身に役立つBMIから部分的なたるみを取るための内蔵脂肪レベルや皮下脂肪率、さらに美しいプロポーションを実現するための骨格筋率や体年齢まで分かるわけですね。

ちなみに骨格筋とは運動によって増やせる筋肉、随意筋のことです。

スポンサーリンク

「適度な運動」を行っても筋肉がついているかどうか、主観的にはあまり分かりませんが、体重体組成計があれば数値で表されるので客観的な判断を下せることができます。

たとえばBMIで体重が標準値内だったとしても、骨格筋の値が少なく、体脂肪率や皮下脂肪率が高ければダイエットの必要がある、と判断できるわけですね。

ちなみに体重と体脂肪率、骨格筋のバランスが取れるようになると体年齢は実年齢よりもグンと下がります。

これらの数値を毎日記録し、バランスのよい体型になっていくのを見るのはダイエットを続けていく上で欠かせない要因です。

関連記事(一部広告含む):