噛むことによって満腹中枢が刺激される!

好きな物を好きな時だけ食べてもいい、という最大の理由は、よく噛むことによって摂取量が減るからです。

食欲をコントロールしているのは中枢神経で、中でも満腹中枢と摂食中枢が大きく関わっています。

胃の中に消化物がなくなると細胞内の脂肪が分解され、血液中に脂肪酸が増え、腸からグレリンというホルモン物質が分泌されることによって摂食中枢が活発に動き、脳に空腹感を伝達して摂食するように要求します。

逆に、血液中の糖分が増えると脳に血糖値が伝達され、それ以上糖分を取る必要がなくなるので満腹中枢が動き出し、満腹感を与えて食物摂取を止めます。

スポンサーリンク

この血糖値が上がるのは食事を始めてから約15分後と言われています。

つまり早食いをする人は最初の血糖値が上がる前に必要以上の量を食べてしまっても満腹感が得られず、満腹感が得られる頃には栄養過多となって余分な炭水化物や脂質を細胞内に貯めてしまうわけですね。

逆に、ゆっくりと少量をしっかり噛むと糖分が唾液によって早く分解され、血液中の血糖値も早く上がることになります。

また噛むという行為は脳を刺激、セロトニンやレプチンといったホルモン物質が分泌され、これらが満腹中枢を刺激するので少量でもお腹がいっぱいになる感覚になります。

好きな物を好きな時に食べても、しっかり噛んで食べれば自然と量が少なくなるので、とくに全体的な痩身を目的とする人には絶大な効果があります。

関連記事(一部広告含む):