リラックスするためのカウチポテトは厳禁

ストレスを抱えればリラックスしたいのは当たり前。

リラックスさせようとしているのは副交感神経が活動させているからなのですが、リラックスの仕方は個人で変わってきます。

夜、寝る前にTVやビデオを見てリラックスしたい、という人も多いでしょう。

けれど、その際、何か間食をしていませんか?

カウチポテト、なんて言葉が流行ったくらい、TVを見ながら空腹感があるわけではないのに手持ち無沙汰から甘いモノや辛いモノをつまんだりしていませんか?

スポンサーリンク

もし、ダイエットを実行するなら、この就寝前の習慣のうちで最低限、間食はしない習性を身につけましょう。

TVを見ているということはじっとしている、つまり体を動かしていない状態です。

しかも後は寝るだけですから体は活動しません。

そこへ高カロリーを体内に入れたらどうなるでしょう。

リラックスしているので副交感神経が働き、消化器官を活動させているので摂取した栄養素はエネルギーとして使われることなく、すべて蓄積されてしまいます。

ちなみにポテトチップス約10枚(20g)で110~120Kcalあります。

2時間ドラマを見るとして、1時間に5枚、12分に1枚の計算ですね。

果たして、2時間ドラマを見ていて10枚で収まりますか?

ドラマのストーリーより、10枚で収まるのかと考える方が余計にドキドキしてきませんか?

関連記事(一部広告含む):