寝不足は食欲増進物質を分泌させる

ストレスに因る過食や夜食、飲酒に伴う食事がダイエットの大敵であることはお分かりでしょうけれど、このようにストレスから起こる生活習慣の他にも、ダイエットの大敵となる習性があるのです。

たとえば慢性的な寝不足。

コロンビア大学の研究によると7~9時間眠る人に比べて4時間しか眠らない人は73%の割合で肥満になりやすいという結果を発表しています。

寝不足は交感神経が働きすぎていることにもつながり、起きている時間が長いということはそれだけ体も活動しているので、エネルギーを消耗させるので痩せるのではないか、と思いがちですが、実際はそんな簡単な話ではないようです。

スポンサーリンク

睡眠不足になると摂食中枢に食欲の抑制を指令するレプチンが少なくなり、逆に食欲の増進を指令するグレリンという物質が増加するというのです。

これは結果であり、どのような原因で体がこのような作用を起こすかまでは言及されていませんが、コロンビア大学だけでなくスタンフォード大学でも似た研究結果が発表されているので、寝不足が肥満の原因になることは間違いないでしょう。

もっとも、寝不足になると朝食を抜きがちになり、昼食時にはお腹が急激に減って早食い、ドカ食いするケースが多々見られますし、寝不足は肌にもよくないのでダイエットするならしっかりとした睡眠を取った方がいいのは間違いありません。

関連記事(一部広告含む):