体重減がピタリと止まる時

ホメオスタシスは生命的危険を感じると、生命維持のための活動を行います。

サプリに頼らず、自分の意思で極端な食事制限を行うとします。

消費カロリーが1,800Kcalだったので、それまで3,000Kcal取っていた食事を1,600Kcalに落とします。

これは確かに体重が落ちるでしょう。

なにしろ摂取する量が絶対的に少なくなっているので、消費に必要な200Kcalは体内に蓄積しているエネルギー源、つまり脂肪を燃焼する以外に方法はないのですから。

スポンサーリンク

これを続けると劇的に痩せます。まるで著名人が成功したダイエットのように。

ところが1ヶ月ほど経過すると、それまで劇的に落ちていた体重がピタリと止まります。

これはホメオスタシスが働き、1,800Kcalの食物から、3,000Kcal時と同じくらいの栄養素を取り込もうとするからなのです。

こうなるとなぜ体重が落ちないのか、というジレンマに陥り、さらに食事制限をする場合がありますが、これをするとホメオスタシスはさらに継続されてしまいます。

また、この段階でダイエットを諦めて3,000Kcalの食事に戻すとホメオスタシスは働いたままなので、1,800Kcalからできるだけ栄養素を取ろうとしたように、今度は3,000Kcalからできるだけ多くの栄養素を取り込もうとします。

つまり、急激なリバウンドです。極端なダイエットほど、極端なリバウンドが襲ってくるのです。

関連記事(一部広告含む):