食べられないことをストレスにしない

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

これまでの食生活を否定してまったく新しい食生活を始めるのは味覚の面や満腹感から抵抗を覚え、それがストレスにつながってリバウンドする場合もあります。

肉料理が好きなら肉を食べましょう。イタリアンが好きならパスタ、中華料理が好きならチャーハン、餃子、ラーメンを食べても一向に構いません。

ただし、少しだけ工夫と継続が必要です。

たとえば肉料理でもソテーやステーキ、焼き肉など脂肪がつきやすい料理の頻度を抑え、牛肉ならばモモ肉など脂身のない部分を煮込んだ料理、豚肉ならばしゃぶしゃぶ、鶏肉ならばササミで棒々鶏などにするだけでもカロリーは大きく変わってきます。

スポンサーリンク

カレーを食べるにしても外食を控え、自宅で作る際にルーを自分で作ることから始めればカロリーを極端に下げることができるでしょう。

ビールを飲みながら唐揚げを食べてもいいのですが、つまみに枝豆のようなカロリーの低いものをひとつ加え、唐揚げの数をひとつ減らしていくだけでも変化は表れてきます。

一気に変えるのではなく、少しずつ習慣を変えていけばいいのです。

体重は一気に増えたわけではなく、少しずつ増えていったのですから、同じように少しずつ減らしていけばいいのですし、食生活や生活習慣も一度に決まったわけではなく、毎日の暮らしの中で積み重なったものなのだから、毎日の暮らしの中で過剰な分を取り除いていけばいいのです。

明日、いきなり体重を10kg落とせますか?

もし、それが不可能ならば、焦らずにゆっくりとダイエットしていきましょう。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク