基礎代謝で使うエネルギー

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

ダイエットをする以上、基礎代謝のことを知っておく必要があります。

これは生命維持をするために必要なエネルギーのこと。

つまり何もせず、寝転がっているだけでも心臓を動かして血液を送ったり、内蔵を働かせたり、骨格筋を維持したり、脳を活動させるためにエネルギーを消費しなければなりません。

これらを動かすためには一般的に女性で1,200カロリー、男性で1,500カロリーが必要と言われており、この数値を基礎代謝量と呼んでいます。

また1日の消費カロリーはこの基礎代謝量に1.3~1.4をかけた数値と言われています。

スポンサーリンク

生命維持のためには必ず基礎代謝量のエネルギーを毎日摂取しなければならないわけですから、急激なダイエットを行って1日の摂取カロリーを減らせばホメオスタシスが働くのは当然なわけです。

さて、この基礎代謝では骨格筋を維持、動かすためのエネルギーも含まれており、その割合はじつに40%も占めるのです。

男性なら基礎代謝だけで600Kcalですね。

この骨格筋、文字通り骨格を動かす筋肉で、さまざまな種類があり、筋肉全体の約40%を占めています。

骨格筋は鍛えれば増える性格を持っているので、トレーニングを行えば筋肉量が増えていきます。

筋肉量が増えれば当然、基礎代謝のエネルギー消費量が増え、しかも筋肉のエネルギー減は脂肪のため、皮下脂肪の減少につながります。

運動によるカロリー消費は少なくても、運動によってついた筋肉がカロリーを勝手に消費してくれるのです。

つまり、筋肉量を増やすと太りにくい体質になるということですね。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク