ダイエットの目的を改めて考える

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

ダイエットは摂取カロリーより消費カロリーを増やしていけば、誰でも簡単に実現できます。

また、摂取カロリーを消費カロリーに近づけていけば体重増を防ぐことができます。

さらに脂肪を燃焼させて筋肉をつければ引き締まった体になり、見た目もすっきりします。

これがダイエットの理屈です。

でも、実際に生活していてもダイエットに限らず理屈が必ず通るとは限りません。

スポンサーリンク

摂取カロリーに気をつけていても、ついお付き合いで過剰に摂取してしまうことがあるでしょう。

筋肉をつけるためのストレッチだって、簡単とはいえ、毎日必ずできるとは限らないし、疲れて気分が乗らない日もあります。

それはそれ。できないからといって必ず次の日に摂取カロリーを極端に落としたり、ストレッチを倍にしたりする必要なんてないのです。

ダイエットの目的は最終的に肥満を解消して健康な体にすることで、ダイエットを続けることではないのですから。

むしろ、太るシステムや痩せるシステムが分からないまま、人の評価を鵜呑みにして無意味なダイエット、無理なダイエットを繰り返すことの方が危険で、健康を損なうということを理解しておくべきでしょう。

太るのも痩せるのも自分の意思次第。

それさえ分かっていれば、ダイエットなんて簡単なものです。

そう思いませんか?

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク