お風呂の省エネワザ

冬は、お風呂を沸かしてもすぐに冷めてしまいます。

冷めたから追い炊きをつけていたのでは、ガス代がかさむばかり。

少しでも効率よくお風呂に入れる工夫をしましょう。

基本は、沸いたらすぐに入ること。

最近の給湯システムにはお湯の温度を一定にしてくれる機能がついていますが、頼りすぎは禁物。

スポンサーリンク

一人暮らしなら、保温設定は切ってしまいましょう。

二人以上の家庭でも、間を開けずに入浴することで、保温機能を使う時間を短縮できます。

また、蓋を2重にするのも効果的。

内側にアルミ加工のされた、湯船に浮かべるタイプの蓋が市販されています。

ところで、お風呂を入れるときにお湯の量は意識していますか?

湯量が多ければ、そのぶん沸かすのにも時間がかかります。

健康のためには半身浴が良いとも言われます。

思い切って湯量を減らしてみてはいかがでしょうか。

追い炊きを使うか新しいお湯を入れるかも、迷うところです。

寒い日など、湯船の水温が低くなりすぎている時には、追い炊きは非効率。

いつまでたっても温かくならない、なんていうことも起こります。

追い炊きか、新しいお湯を使うかの境界は、給湯システムやその地域の温度にもよるでしょう。

「我が家の境界温度」を探してみてください。

関連記事(一部広告含む):