寒さ対策は手足を守ろう!

寒さから身を守るのに大切なのは、手足を保温することです。

手袋をしているかどうかで、寒さはずいぶん変わってきます。

このくらいなら手袋はいらないかな、と思った時でも油断は禁物。

時間が遅くなったり、風が出できた時にまず冷えてくるのは手先です。

かさばるものではないので、持ち歩くようにした方が安心です。

スポンサーリンク

冬に困るのが、雨の日の自転車。

冬の雨の日に自転車など乗らないのが一番ですが、やむを得ず乗らなくてはならない時の悩みが、手袋が濡れること。

少々見栄えは悪くなりますが、実用を優先しましょう。

使うのは、薄手のゴムでできた使い捨ての手袋。

介護用品売り場などにあります。

手袋の上からつけるので、大きめのサイズを購入してください。

いつもの手袋の上からこれをはめれば、水濡れの心配はありません。

見た目が気になるなら、その上からさらにもう一枚、手袋をするというテもあります。

足先の保温も、手と同様に大切です。

靴下の重ね履きや足用のカイロのほか、靴に中敷きを入れるのも効果があります。

また、塗るタイプのカイロなども活用できますよね。

寒い日のお出かけを少しでも快適にするためには、準備と工夫が重要ですよ。

関連記事(一部広告含む):